すぐに即日お金を借りるなら、友人から借りる、親から借りる、会社から借りる、でもカードローンが一番おすすめ

今日どうしてもお金を借りたいという経験はありませんか?
生まれてから、そんなことは一度もないという人は幸せです。
でも、今後そのようなことはありえないとは限りません。

 

では、そんな時にどうすればいいのでしょうか。
一番、気軽に借りることができるのは大手消費者金融のカードローンです。

 

しかし、利率が高いしと躊躇しがちです。

 

では利息を支払う必要がないローンはないでしょうか。
親や兄弟から借りれば、借りた金額だけ返済すればいいでしょう。
場合によっては「踏み倒せるかも」という甘い期待もあるかもしれません。

 

職場の福利厚生制度で貸付制度があると、大手消費者金融より低金利で借りることができます。
これも一つの方法ですね。

 

友人・親から借りる

親・兄弟、更には友人と、利息を支払わずに元本返済だけで借りることができそうな相手は多く存在しがちです。
しかし、必ずしもそれらの方法がベストだとは限りません。

 

親・兄弟からお金を借りると、必ず「何に使うんだ」と根掘り葉掘り聞かれます。
これは結構面倒な話ですよね。
以前から「海外旅行に行く予定がある」というような話をしていれば簡単でしょうが、借金の理由って人に言いたくない理由が結構多いです。

 

また、友人からはお金を借りない方がいいです。
貸してほしいと言われれば貸してくれる人もいるでしょうが、貸す側も「返してもらえないと嫌だな」と思うものです。
そこは一つのマナーですから、友人とのお金の貸借はやめた方が賢明です。

 

職場で借りる

職場の福利厚生制度は非常にありがたいことですが、難点として「人事部と直結」していることがあります。
職場でお金を借りると、そのまま人事部に連絡されると考えた方がいいです。
この際、借用証に書かれた「借入目的」も連絡されますから、自分のプライベートな部分が会社に漏れてしまいます。

 

そんなことは気にしないという人はいいのですが、何かの拍子で困ったことになる可能性も否定できません。
「個人情報」は不必要に開示するものではありません。

 

お勧めはカードローン

自分が金融機関やその系列で働いているのであれば別ですが、一般的にこのような際に一番役立つのはカードローンです。
消費者金融でも銀行でもいいのですが、金融機関は自分のプライベートに介入しません。

 

利率は確かに低くありません。

 

しかし、給料日前にすぐに返すのであれば借りている期間は短いものです。
年利18%の大手消費者金融であっても、1万円を10日間借りるだけなら、その利息はわずか50円です。

 

この金額なら借りても良いですよね?

 

すぐにお金を借りるのに、消費者金融のカードローンがおすすめの理由

でも消費者金融のカードローンはそんなに都合がいいものでしょうか。

 

すぐにお金を借りたいという人が、今までどこかのカードローンに申込をしていれば問題ないはずです。
限度オーバーになっていたら別ですが、すぐに借りることは難しくないはずです。
しかし、これから申し込みたいという人は不安がいっぱいかもしれません。

 

現在の消費者金融は、銀行からの攻勢もあり競合が激しいです。
また、カードローン自体のリスクが高いことから不良債権も少なくありません。
そのため、新規顧客獲得合戦が盛んになっているので、初めて借りる人でも
簡単にお金を借りることが可能です。

 

消費者金融の対応は非常にフレンドリーです。
「ナニワ金融道」の様な怖いイメージはドラマの話です。

 

申込簡単

しかも、そんな消費者金融の申込はあっけないほど簡単です。
ネット上の申込書に入力すればOKです。
大手の場合、スマホ用の申込アプリを準備していますから、それを利用すれば入力ミスもなく、スムーズに申込ができます。

 

とはいえ困ったことがあったら質問したいという人もいるかもしれません。
そんな人は、無人機店舗に行けば大丈夫です。
紙の申込書に記載したり、入力をしたり、と消費者金融によって差はあります。
でも、簡単にできますし、そのままローンカードなどがすべて発行されるメリットもあります。

 

もちろん併設されていることが多いATMですぐキャッシングできます。

 

審査が早い

大手消費者金融は、審査スピードが命だと言われています。
この審査スピードは、ただ単に信用情報機関からのデータをマッチングさせるだけではありません。
運転免許証などの身分確認書類を照合し、事務処理をすべて終わらせる時間も含まれます。
つまり、申込書の送信をして、実際に自分の銀行口座に融資資金が振り込まれるまでの時間です。

 

自動車会社並みの業務改善をすることで、大手消費者金融の融資スピードは信じられないほどのハイスピードとなっています。

 

即日融資

「すぐお金を借りる」ことが目的ですから、申込をしたその日にお金を借りることができなければ意味がありません。
しかし、一般的な消費者金融には「銀行の振込時間制限」が障害となります。

 

一部のネット銀行などは別として、現在の銀行は平日午後3時までしか振込をしてくれません。
これ以降は翌日扱いになるので、即日融資は実現できません。
しかも、土日は対応できないのです。

 

しかし、大手消費者金融は先ほど述べたとおり、無人機店舗があります。
そのため、平日の夜でも、土日でも即日融資が可能です。

 

完璧に即日融資を望むのであれば、できる限り無人契約機が自分のアクセスできる範囲内のある大手消費者金融にすることをお勧めします。

 

すぐにお金が借りられるカードローン おすすめ3つ 特徴

では、実際にすぐ借りることができる大手消費者金融はどこでしょうか。
先ほど述べたとおり、消費者金融の審査スピードは速いのですが、審査手順の見直しをしたり、優先処理をしてくれたりすることで、更にスピードアップを図っている例があります。

 

モビット

モビットのWEBを見ると「10秒で審査結果表示」とあります。
他の大手は1秒とか出ているため、逆に「遅いじゃないか」と思われるかもしれません。
しかし、その内容が違います。

 

他の消費者金融は「簡易審査」をしているだけですから、結果はあいまいです。
しかし、モビットは信用情報機関にデータ照会までしてしまうので、仮審査ができてしまうのです。
簡単に言えば、10秒で結果が出ているわけです。

 

もちろん実際には運転免許証の確認などが必要になります。
しかし、先ほど述べたとおり、この手の事務作業は効率化が進んでいます。

 

ローンカードはモビットの「ローン申込機」で発行されます。
三井住友銀行のATMや全国のコンビニで利用できますから、すぐにお金を借りることができます。

 

アイフル

大手消費者金融の中で唯一銀行傘下に入らず独自経営を貫いているのがアイフルです。

 

そんなアイフルには「ご融資をお急ぎの方」向けの特急サービスがあります。
もちろん特急料金は無料です。
ネット経由で申込をして、すぐに表示されたフリーダイヤルに電話をすると審査を優先してスタートするのです。

 

時間帯によっては込み合っており、さほど効果がないこともあるでしょう。
しかし、急いでいる時にはぜひ利用したいサービスです。

 

当然振込融資にも対応していますから、自分の銀行口座に振り込んでもらうことができます。
また、無人機店舗の「契約ルーム」を利用すれば、そのままローンカードまで発行されます。
アイフルのローンカードは全国のコンビニでキャッシングできます。
もちろん、契約ルーム併設のアイフルATMでもキャッシング可能です。

 

プロミス

審査回答まで「最短30分」とあり、WEB完結というネット経由の申込の際には即日融資ができると表示されています。
ちょっとインパクトが弱いですよね。
そのため、他の大手消費者金融に比べると急いでいる時には使えないのかと思われがちですが、そんなことはありません。

 

プロミスは他の大手消費者金融に比べて自動契約機の数が多いです。
これは、プロミス自体の自動契約機だけではなく、三井住友銀行内の自動契約機も利用できるためです。
ご存知の方も多いでしょうが、プロミスは三井住友銀行の傘下にあります。
このような繋がりが、効率のいい申し込みにつながるのです。

 

自動契約機を利用することでローンカードがすぐに発行されます。
また、プロミスのローンカードは三井住友銀行ATMで利用できるため、すぐにキャッシングできます。

 

すぐにお金を借りるために用意すべきこと

このように大手消費者金融を利用すれば、かなり確実に即日融資を受けることができます。
しかし、そのためにはある程度の準備が必要です。

 

運転免許証

大手・中小にかかわらず消費者金融の利用には身分確認が必要です。
そのために一番確実な書類として運転免許証が挙げられます。

 

消費者金融の申込に当たり、運転免許証番号の記載が必要ですが、このデータは信用情報機関に登録されています。
運転免許証の確認の際には、この番号も信用情報機関に登録されているものと同一かをチェックしています。

 

消費者金融の借入は、借入金額が50万円以下、かつ今回の借入と他の無担保融資の合計が100万円以下なら運転免許証だけで借入ができます。
非常に便利でいいのですが、自動車を持っていない人などは運転免許証を持ち歩いていない人も少なくありません。

 

あらかじめ確認しておきましょう。

 

源泉徴収票

先ほど述べたとおり、少額の借入であれば運転免許証の提示だけで融資を受けることができます。
しかし、消費者金融でお金を借りる申込をする際には、源泉徴収票と直近月の給与明細は持って行った方が無難です。

 

これは、審査の際「ボーダーライン」になった際、自分の年収は確実にこれだけあるというアピールができるためです。
もちろん、消費者金融の担当者はそんなことを言いません。
そのため、身分確認のために運転免許証をと言われた際に「源泉徴収票はいらないですか?」と聞けばいいのです。
必要ならば「お願いします」と言うはずです。

 

これで、審査の確実性が上がりますから、融資限度額が若干上振れする可能性があります。
融資限度額が上がることで金利が下がり、有利な借入ができる可能性があるのです。

 

健康保険証

運転免許証があるから身分確認書類はこれ以上いらないだろうと言われるかもしれません。
しかし、健康保険証を提示することで、職場への在籍確認を回避することができるかもしれません。
何かと嫌われる職場への在籍確認ですが、職場が休日ならば実行できません。
すると、審査は平日に持ち越しとなり即日融資は無理です。

 

そこで「健康保険証を出すから職場への在籍確認をやめて欲しい」と言い、消費者金融の担当者がOKを出せば、そのまま審査が進みます。
健康保険証は、職場にいない限り持っていないはずですから、在籍確認の電話の代わりになりうるのです。
ただし、この手が効くかどうかは担当者次第という不安定要素があります。

 

銀行系と消費者金融系カードローンの違い どちらが早くお金借りれるの?

さて、カードローンを提供しているのは消費者金融だけではありません。
銀行もカードローンを提供しています。
特にメガバンクやネット銀行などのカードローンは、消費者金融に負けない商品性を持っています。

 

一般的には消費者金融に軍配

銀行が提供しているカードローンの商品内容を見ると、信販会社や消費者金融が保証会社となっています。
つまり、銀行が直接審査をしていないのです。
もちろん、一定の情報提供をしますが、担保付きの融資審査しか経験のない銀行が無担保融資の審査をすることは無理があります。

 

このように審査を任せている銀行と、自社で審査をしてしまう消費者金融ではどちらの審査が速いかと言えば、消費者金融の方が速いのは当然です。

 

餅屋は餅屋という諺があります。
銀行審査にも得手不得手というものがありますから、銀行がカードローンの審査をすることは難しいのです。

 

積極的な銀行は消費者金融並み

ただし、メガバンクのカードローンは傘下に収めた消費者金融がしているため、審査も最優先で処理しているようです。
そのため、大手消費者金融と全く遜色のない審査スピードとなっています。

 

 

また、最近はネットバンクもカードローンの提供をしています。
メガバンク系のネットバンクは、メガバンク傘下の消費者金融に審査を依頼するためスビーディーな審査ができます。

 

地銀の中にも「ネット支店」を設けることが増えてきました。
この中には、もともと傘下に持っていた信販会社をフル活用してカードローンの審査をさせていることがあります。
当然審査スピードは速いので、消費者金融に見劣りしないハイスピードな審査を実現しています。

 

口座を持つ銀行ならそちらが有利

一般的に銀行融資は、取引期間が長い人の方が審査には通りやすいと言われています。
なぜなら、相手の素性がわかっているため、審査の精度を上げることができるためです。
また、万が一貸倒になってしまったとしても、貸金の回収は難しくないでしょう。

 

そのため、古くからメガバンクで口座を持っている人は、メガバンクのカードローン審査にすんなり通ることが多いです。
その人が一般的に審査では不利になる派遣の仕事をしていたり、パートやアルバイトであったりしても同様です。

 

銀行のカードローンはもともと「口座を持っている人に対するサービス」として提供されています。
しかし、個人の新規顧客を呼び寄せる「撒き餌」としてカードローンが利用されているのも事実です。
とはいえ、審査では口座を持たない人と持つ人では審査の結果が変わります。
また、口座保有期間が長い人の方が有利なことも当然です。

 

もし、メガバンクに口座を持っていたら、そこのカードローンを利用した方がいい結果になる可能性が高いです。

 

 

 

 

返済においても、銀行すぐにお金を借りるは手間が掛からないと言えます。と申しますのも、すぐにお金を借りる返済に当たって、他の銀行などのATMですとかコンビニATMからも返せるからなのです。
ネットを利用したキャッシングの長所は、審査にパスすることができたか否かが短時間でわかる事に尽きるでしょう。そんな背景もあって仕事に従事している間でも、お昼休みの時間帯などに申込を済ますことが可能です。
行使される実質年率は、申込者の信用度合いで変わります。事業資金などの借り入れを望む方は、低金利すぐにお金を借りるを調べるべきでしょうね。
銀行でやっているすぐにお金を借りるは、いわゆる総量規制の対象になりません。というわけで、多額の借入をしても問題が生じることはないと言えます。借り入れする際の最高額も500〜1000万円ということで、満足のいく金額ではないでしょうか?
キャッシングでも無利息のものを利用する際に、会社によっては、初めの借り入れ時のみ30日間無利息で「貸し出しOK!」というようなサービスを展開しているところもあるようで。
銀行すぐにお金を借りるなら、何でも専業主婦が申し込めるかというと、決してそうではないです。「最低でも年収○○万円」といった様々な条件が盛り込まれている銀行すぐにお金を借りるもあります。
無利息すぐにお金を借りるは、今回初めて利用するという人に危惧せずトライアルで借り入れて貰うサービスなのです。無利息で借りて、「決められた日にちまでに返せるか?」を試すのにもってこいだと感じます。
よくあるすぐにお金を借りる、あるいはキャッシングにて現金を調達する際は利息が徴収されますが、無利息キャッシングだとすれば、規則に沿った期日の範囲内なら、利息は不要なのです。
レディースキャッシングとは、女性向けのサービスでいっぱいのキャッシング申込のことであり、女性のみを対象にした有利な条件などがあるそうです。
給料が支給されるまでのほんの数日が金欠になる方や、一週間もしたらお金がもらえることになっているというような人は、1週間は利息が求められないサービスを選択した方が、金利の低いすぐにお金を借りると比べても利点があるのです。
すぐにお金を借りるであるとか、キャッシングには、数々の返済方法があり、選択可能です。現状では、インターネット上のダイレクトバンキングを介して返済する方が目立っていると教えて貰いました。
金融機関ごとに、即日キャッシングはもとより、30日無利息サービスや低い金利、この他には収入証明不要といった利点があります。個々人にとってふさわしい所を見い出すことが大切です。
アイフルは、テレビコマーシャルでも知名度の高いキャッシングローンを主軸にしている業者です。さらに、即日キャッシングを受けられる多くの実績を持つ国内でも大きなキャッシング会社だと言えます。
約5万から10万円ほどの、1回で返済できる小さな金額のキャッシングなら、利用しやすい無利息サービスを行なっている業者に申し込みさえすれば、利息を払う必要はありません。
ずっと借り入れを申し込んでくれる方が歓迎されるのです。そんなわけで、取引を何度かしたことがあり、その期間も長期に及び、さらに借入れを何軒もしていない方が、審査におきましては高評価を受けるはずです。

 

即日キャッシングをお願いするとしたら、当然審査で必要となる各種書類を揃えていかないといけません。身分証明書ばかりか、今の収入金額が掲載されている書類のコピーなどが要されます。
中堅あるいは小規模のキャッシング関係のローン業者の場合、躊躇うのはもっともなことです。こんなときに頼りになるのが、その業者に関係する口コミだと言えます。
長期にわたって借入れを利用してくれる方を取り込みたいわけです。そんな理由から、以前に取引をしたことがあり、その期間も長く、その上何軒からも借りていない人が、審査を受ける時に有利になります。
「額の小さいキャッシングをして、給料日に返済を終える」という会社員に多く見受けられるパターンを鑑みれば、「ノーローン」は、あなたの都合に合わせて無利息キャッシングができるので利便性が高いです。
債務の一本化と言われますのは、2社以上の金融業者からの借金を統合して、返済先を一カ所の業者に絞ることが可能になるもので、おまとめローンという名で世の中に浸透してきました。
日常的な生活を送る中で、思ってもみなかったことが“勃発”して、とりあえず緊急に一定レベルの現金を用意しなければならない時に助けとなるのが、即日キャッシングだと考えます。
銀行が取り扱っているカードローンというのは、総量規制の対象から外れています。そのような理由から、借入金額が多くても心配いりません。借り入れる時の最高可能金額も500〜1000万円となっており、安心できる金額ですよね。
お申込みの作業はPCを使ってネットで完結できますので、業者の店舗に出掛ける必要ないですし、借りるお金が手元に来るまで、ぜんぜん誰にも会わないで進める事ができるんですよ。
給料が振り込まれるまで、数日間頼ることが出来るのがキャッシングだと言っていいでしょう。緊急の時だけキャッシングしてもらうなら、一押しの方法だと考えられます。
即日キャッシングの申込みをしたいと言う場合にも、実際に店に訪れることは、現在一切必要とされません。インターネットを介して申込ができるようになっていますし、必要な書類関係も、ケータイとかスマートフォン経由でメール添付などすれば大丈夫です。
午前中にカードローン審査で合格が出ると、午後に希望した金額が入金される流れが通例です。持ち合わせがなく不安な状況でも、この即日キャッシングで急場しのぎができます。
車のローンといいますのは、総量規制の対象には入りません。従いまして、カードローンに関して審査を受ける際は、車を買った代金は審査対象からは除外されますので、大勢に影響はありません。
注目の無利息によるキャッシングを受ける場合に、事業者次第ですが、初めて借り入れをする人に対してだけ30日間以内は無利息で「貸し付けOK!」というようなサービスを展開しているところもあるとのことです。
話題の即日キャッシングを利用したいという場合は、申込時の審査をクリアしなければならないわけです。審査の内容で、他のどれより優先されるのが申込当人の“信用情報”なのです。
消費者金融は即日キャッシングサービスを扱っているということで、申し込みを終えたその日の内に、カンタンにキャッシングサービスを有効利用して、お金を捻出することもできなくはないのです。

 

 

金利が安いアイフル

アイフルで即日キャッシングの特徴

キャッシング大手ですが、
実は銀行系ではありません。
その為か私が利用した中では一番早い
対応でしたし、家族にばれたくなかった
私にはカードの受け取り時間が指定
出来るのが良かったです

価格 金利 4.5〜18.0%円
評価 評価5
備考 私がキャッシングした中では一番早い対応でした!
アイフルで即日キャッシングの総評

即日のキャッシング(融資)の可能性はあるのですが、それは審査次第です。 ただ他のキャッシング会社との比較ではとにかく対応が早く、審査も柔軟です

 
 

アコムの即日キャッシング

アコムで即日キャッシングの特徴

大手三菱UFJフィナンシャルグループアコムです。 超大手で銀行系なので安心です。金利は4.7%なので少し高めです

価格 4.7〜18.%円
評価 評価4.5
備考 即日融資・審査も可能で大手だから安心
アコムで即日キャッシングの総評

楽天銀行の口座を持っていると24時間振込みがOKです。 大手で安心してキャッシングしたい人にはおすすめです

 
 

モビットの今日中キャッシング

モビットの特徴

ここの一番のお薦めは取りあえずの審査結果が10秒で分かることです。 14時50分までの申込で最短で3分以内に振込みが可能です

価格 4.8〜18.0%円
評価 評価4.5
備考 三井住友銀行グループなので安心感はあり
モビットの総評

金利が少し高いので躊躇しますが、すぐに審査結果が分かるのでキャッシングを考えているならとにかく参考にして下さい。 また、在席確認や郵送物が無いので家族や身内にばれないでキャッシング出来るメリットもあります

 
 

レイクの即日キャッシング

レイクで即日キャッシングの特徴

即日キャッシングも可能なのに、低金利・無利息で借りれる契約があるのがこのレイクです。5万までなら180日間無利息又は30日間無利息です!

価格 4.5〜18.0%円
評価 評価4.5
備考 低金利無利息で借りたい人ならレイクを検討しましょう
レイクで即日キャッシングの総評

すぐにお金を借りたくて無利息が良いならレイクです。新生銀行グループで安心でしかも総量規制の対象外なので、他でキャッシングしている人でも審査が通りやすいです